グランドケイマン防衛中
ちょっと、長く更新休んでたけど、
何をやっているかというと・・・
名工作りにインドに2日ほど籠もって、
その後はバークさんをはじめとする他のイングPKKと共同でグランドケイマン近辺の治安活動をやってます。




今回のパッチで何が変わったか・・・

まず、PKとPKKの関係って言うのが以前より少し変わってきたのかな?
以前より賞金額が大幅に上がった上に、微妙な上納品の効果も重なってPKには余裕が無くなってきてると思う。
一時期の模擬的な感覚のPKvsPKKという図式から、海賊vs海軍という図式に変わって来つつあるように思う。
そのどちらがいいのかは、正直まだ分からない・・・・
(ちなみに俺のやってきたPKK活動は極めて前者寄りだったと思う)

もう一つ、大きく変わったと思うのは、以前より国籍を意識することが増えたことではないだろうか?

旧海域では有る程度の勢力分けが完了していたが、新海域では毎日のように激しい投資戦が行われている。また、領地には銀行がないため、投資のために大金を持って航海する必要があるため、各国PKK艦隊が自国領近辺の治安維持を行うようになってきている。(俺もその一人になるのかな・・・)
もちろん、他国の発展妨害のための私掠活動も重要な要素であり、制海権を握ることの意味が今までより大きくなったと思う。
また、極めて不評な到達度システムが否応なしに国同士の競争を意識させているのも事実であろう。

もちろん、問題もまだまだ山積みだけどね。
まずはジョイントビルド造船。あまりにもマゾすぎる上に国籍縛りの現仕様は今後どういう発展をするのだろうか・・・?
正直、材料・部品集めからめんどくさすぎて(所持枠が今までと変わってない以上、あの部品数はかなり圧迫している)、多くのユーザーが期待していたにもかかわらず不評の声が絶えない。
それに加えて、上位船でジョイントビルド改造が可能なのがヴェネガレのみ、しかもヴェネチア限定といった始末・・・

上納品の仕様も大きな問題で、PKの多くは実質収入大幅減少となり、賞金増額によるリスク増大から自衛のための艦隊化=ソロ冒険家・交易者のリスク増大がより顕著に進み。これによって、自由度はせばまった気がする。
俺自身は現在PKKだけど、やはり援軍PKKって戦法はあまり好きじゃないから、できればPK側も(防衛側の時限定で)援軍要請可能にする程度の救済措置は必要なのかな?っと思う。
PKの存在を大航海時代におけるスパイス的要素とするならば、その討伐戦は軍人にとっては晴れ舞台な訳で、一方的な略奪・搾取って図式になるのもどうかと思う。
(もっとも、PKに狩られ続ける側のPCになると、また意見は変わってくるのかな・・・)

他にも、いつになったら、領地は発展するのか?レベル上限引き上げ忘れてませんか?
海事クエがマゾいぞ・・・・・等々・・・・・問題は山積みだな^^;
by katana001 | 2006-09-12 21:29 | PKK
<< 海賊国家との戦いは厳しい・・・ ポルトベロ攻略 >>