ブラジル戦終えて・・・
今日もちとワールドカップネタを・・・




今回のワールドカップは結構、見ててイライラすることが多かったなぁ・・・

チャンスに点が取れない・・・そんなシーンもかなりイラついたけど、
それ以上にイラついたのが・・・・報道・・・・

先に、批判すべきは批判しなさい!っと書いたけど、
ブラジル戦前のあの報道は・・・ナニヨ?

奇跡・奇跡・奇跡・奇跡・・・・・・・・・・

あげくには「日本が勝ったら、スクール水着になります!!」
とかいうアホまででてくるし・・・
俺がこう言うのもなんですが・・・・
「あんたら、失礼すぎるぞ!!」

戦う前から、勝つことを奇跡扱いって・・・・本気で応援してるのか?
公の場以外で個人的に話する分には、問題ないだろうけど
あの奇跡報道見てると、
「負けて当たり前、勝ったら奇跡」
っていう選手を馬鹿にした感じがする。
よくよく考えたら・・・日本の歴史的な勝ち試合って・・・・ことごとく奇跡にしてきてないか?

いくら、実力が足りず、勝てる相手じゃないにしても
俺が選手だったら、思いっきり気分を害しますが・・・?
つけ加えるなら、気持ちの中に「勝てなくてもいいや~」ぐらいの甘さが
産まれてしまいますが?

こういうところに日本人の甘さを強く感じた。
負けても当たり前なんだから、いいや~~~~~

そんななか、俺が個人的に賞賛したいと思ったのは中田。
(川口もよく頑張ったと思うけど・・・)

中田は、ぬるま湯な感じを受けた選手達の中で、一人最後まで戦っていたと思う。
長く欧州の厳しい中でやってきただけに、誰よりも真摯に厳しい現実を受け止め、
それでも「プロ」としてのあり方(すなわち、勝たなければならないという強い意志)を
貫いていたんじゃないだろうか?
by katana001 | 2006-06-24 00:07 | 雑記
<< 重ガレオン就航~ 久々に模擬・・・ >>