久々に模擬・・・
白兵上げばかりも、まあ飽きるので、
ちょうど、リスボンで知り合いがタイマン模擬募集してたので
久々にやってみることにした。



実はDOLじゃ結構古い知り合いのルー・ルカさん。
初めてあったのは、たぶん一年くらい前のカリカットじゃなかったかな?
宝石だったか、コショウだったかを満載した状態で
ごりら艦隊に封鎖されたカリカットから脱出するために艦隊組んで帰還したのが
初めての出会いだったと思う。
フレ登録はしてないが(というか、お互い完璧忘れてる^^;)顔合わせると挨拶したり、
TELで話したりしている。
そんな彼(彼女?)も今じゃ立派な私掠さんw

ってわけで、何戦か戦ってみたけど・・・
勝てない;;今は砲術家だけど、操舵も結構高いみたいで見事に動きに翻弄されて、
振り回されてしまう;;
戦った感想だと、バークさんやコブヘイさんと似た戦い方をする。
どうも、このタイプは苦手らしい・・・・
散々負けた後で、タイマンに自信なくしまくってたころに・・・

今度は徹也さんが、1on1混ぜて~っとやってきた。
ルーさんはもう落ちてたので、2人でやってみると・・・
b0079425_2230844.jpg


今度は結構勝てました^^
徹也さんは東でしょっちゅうPKKやって、勝ってきている人だから、
ちょっぴり自信取り戻せました^^

で、思ったけど1on1で戦うときって、やっぱ相性というか戦いの組み立て方って
大事だよなぁっと・・・
ポイントは自分が相手に勝る部分は何か、劣る部分は何かを考えて、
如何に相手の得意分野を潰して自分の得意分野で戦うか?
じゃないかなっと思う。

そう考えたときに、上級士官はバランスがいい反面、特化した部分(上記の得意分野)の面で
中途半端なのかなぁっとも思った。
逆に砲術家は白兵能力が低い代わりに、砲撃に特化している分、
速射(混乱誘発)と貫通(浸水誘発)優遇、操舵優遇(機雷ダメージ減少・機動力)
といった面で有利になれる(逆にそういう面を生かして戦える人が強い)。

となると、その部分をどうやって殺して自分が有利な面(対砲術家だと白兵能力)を生かすか
それがこれからの課題なのかなぁっと思う。
by katana001 | 2006-06-22 22:38 | 模擬
<< ブラジル戦終えて・・・ オーストラリア戦 >>